トップページ>石山商店街振興組合
2015.04.10
 石山振興会館(旧定山渓鉄道石切山駅)内部改修を終えました。

 平成25年度に札幌市の支援で開催した『商店街みらい会議』
そのワークショップにおいて出された参加者からの意見「会議然とした会館を豊かな空間に改修し、多世代が集まることが出来る交流拠点とすること」の実現を図ったものです。
 往時の旧石切山駅のレトロ感を漂わせる構想は、東海大学デザイン文化学部の建築選考の学生、先生で改修プランを作って頂きました。

 1月29日に商店街まちづくり事業事務局の交付決定を受け、2月16日から内部改修工事を行い、4月7日に工事を終えました。
天井は昭和24年改築時の格子天井、ほおづえ(筋かい)を露出させ、ホール中央の直付け電燈は昭和24年の当時の物を再現。
換気用のプロペラ型の扇風機で暖房を循環させ、集合煙突は往時のままです。
床は足の感触抜群のパイン材。



<レトロ感漂う旧石切山駅ホール>
 4月10日18時から竣工式典の後、シャンソン歌手<NAOMI>さんによる「愛の賛歌」「踊り明かしたい」にてこけら落とししました。
天井が高いので「歌い心地が良かった」との好評価をいただきました。

多いに活用を促進し、地域が元気になるよう努力していきたいと思っています。

<協定書の締結式 スリーカフェにて>
Copyrights © 2015 石山商店街振興組合 All Rights Reserved.